• ENGLISH
  • 簡体中文
  • 産科
  • 婦人科
  • 病院のご紹介
  • インフォメーション

婦人科

家族計画

望まない妊娠を避けるために、次の方法があります。

経口避妊薬(ピル)

経口避妊薬の代表的な服用方法は、4週間を1サイクルとし、このうち3週間は毎日1錠ずつ服用し、1週間は服用を休み(月経が起こるようにするため)、翌週から再び服用を開始するというものです。ピルを指示通りに服用している女性のうち、最初の1年間で妊娠する人の割合は0.2%未満です。しかし、薬の服用を確実に行わなかったり忘れたりすると、妊娠の可能性が高くなります。

子宮内避妊具

子宮内避妊具(IUD)は小型の柔軟なプラスチック製器具で、子宮内に挿入して使用します。種類によって5〜10年挿入しておきます。

IUDは子宮に装着すると・精子の運動を阻害して・卵子が受精しにくくします。まれに受精しても、受精卵が子宮に着床するのを阻害する作用もあります。
現在は精子の運動をより弱める銅を付加したタイプが多くなっています。

▲トップページへ戻る


医療法人 愛育会 愛育病院 〒242-0006 神奈川県大和市南林間2-14-13 TEL:046-274-0077(代)

Copyright (c) 2007-2009 AIIKU HOSPITAL. All rights Reserved.