• ENGLISH
  • 簡体中文
  • 産科
  • 婦人科
  • 病院のご紹介
  • インフォメーション

婦人科

子宮がん検診

子宮がん検査

子宮がんには、子宮頚がんと子宮体がんがあります。
子宮頚がんは、ここ数年間、若い人に増えています。発症初期は無症状ですので、20歳以上の方は定期健診を行うことが早期発見のために必要です。尚、子宮体がんは、不正出血や月経不順などがありましたら是非受診することをお奨めします。

子宮がんの予防

子宮頚がんは、性行為で感染するHPV(ヒトパピローマウィルス)が原因の一つと考えられています。そのため感染を防ぐことが最大の予防法で、コンドームを使用することで感染の機会は減少します。また、コンドームの使用は、他の感染症(クラミジア、エイズ)のリスクも減らすことが出来るのです。

一方、子宮体がんは卵巣から分泌される女性ホルモンの一つ、エストロゲンが関係しています。生理が順調な方は、毎月子宮内膜がはがれるので、体がんのリスクは少ないのですが、生理不順な方は体がんのリスクが高くなります。

また、糖尿病の方や高血圧の方も子宮体がんになりやすいと言われています。高脂肪、高カロリー食を控え、食生活の改善や適度の運動などで、肥満や高血圧、糖尿病を予防してリスクを減らしましょう

▲トップページへ戻る


医療法人 愛育会 愛育病院 〒242-0006 神奈川県大和市南林間2-14-13 TEL:046-274-0077(代)

Copyright (c) 2007-2009 AIIKU HOSPITAL. All rights Reserved.