• ENGLISH
  • 簡体中文
  • 産科
  • 婦人科
  • 病院のご紹介
  • インフォメーション

産科/

ステムセルバンク(臍帯血プライベートバンク)

臍帯血の保存とは?

臍帯血(さいたいけつ)は、へその緒と胎盤に流れている赤ちゃんの血液で、分娩後には不要となって捨てられていたものです。これを処理して細胞を取り出し、半永久的に保存することができます。

何に役立つの?

白血病では骨髄移植が治療に使われますが、骨髄を提供するドナーの負担が大きく、適合率も低いため、移植ができるのは患者全体の半分程度です。臍帯血移植は同じ効果があり、骨髄より簡単に入手できるので、今や骨髄移植にとってかわりつつあります。

公的バンクと民間バンクの違いは?

■公的バンク

わが国では11ヶ所のバンクが国庫補助金で運営されており、善意で寄付していただいた臍帯血を保存しています。第三者の移植に使われるため、本人には戻ってきません。

■民間バンク

生まれてくる子どものために自己負担で臍帯血を保存します。兄弟姉妹や家族のために使うことができる場合があります。

当院では、ステムセル研究所と提携しています。

ステムセル研究所HPへ

▲トップページへ戻る


医療法人 愛育会 愛育病院 〒242-0006 神奈川県大和市南林間2-14-13 TEL:046-274-0077(代)

Copyright (c) 2007-2009 AIIKU HOSPITAL. All rights Reserved.