• ENGLISH
  • 簡体中文
  • 産科
  • 婦人科
  • 病院のご紹介
  • インフォメーション

よくある質問

無痛分娩とはどういう分娩方法なのですか?

硬膜外麻酔を用い、下半身に麻酔をかけた状態で分娩をおこなう方法です。

無痛分娩のメリット、デメリットを教えてください。

メリットとしては、陣痛の痛みを9割ほど軽減でき、また、計画的に管理された中で分娩が進行するため、安全性が高いというメリットがあります。
デメリットは、殆どありませんのでご安心ください。

現在治療中の病気がありますが、無痛分娩は可能ですか?

病気によっては、無痛分娩とすることで、より安全な分娩をおこなうことができるものもあります。かかりつけの病院より紹介状をご持参のうえ、受診時、当院の医師にご相談ください。

愛育病院で分娩を希望する場合、必要な手続きを教えてください。

分娩予定日が決定後、妊娠20週までに当院で定めた分娩予約を済ませて頂く必要があります。詳細につきましては、受診時またはお電話でお問い合わせください。当院への転院、里帰り分娩を希望されている方は、紹介状をご持参のうえお早めに受診してください。

診察予約はどのようにすればよいですか?

当院に受診したことがある方は、メールアドレスのご登録を済ませていただいたうえで、インターネットより診察予約をお取りください。初め受診される方や、インターネット環境をお持ちでない方は、診察時間内にお電話にてお問い合わせください。当院の診察券をお持ちの方は、院内にあります予約機の利用も可能です。

立会い分娩は可能ですか?

基本的には、ご主人様、パートナーの方に限り、当院主催のファザークラスを受講頂ければ立会い分娩は可能です。

▲トップページへ戻る


産科医療補償制度について

どのような制度ですか?

分娩時の医療事故では、過失の有無の判断が困難な場合が多く、裁判で争われる傾向があり、このような紛争が多いことが産科医不足の理由の一つになっています。そこで、本制度では、分娩により重度の脳性麻痺になった児及びその家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性麻痺の原因分析を行い、再発防止策を講じることにより、紛争の防止・早期解決及び産科医療の質の向上を図ることを目的としています。

本制度の掛け金は誰が支払うのですか?

分娩機関が支払います。また、本制度の加入により、その相当額が分娩費用の増額で賄われます。妊産婦に負担が転嫁されないよう制度発と同時に出産育児一時金の引き上げが行われました。

出生時2,000グラム、在胎週数33週に満たない場合は、一切補償の対象とならないのですか?

在胎週数28週以降の児については、個別審査により、補償対象とする場合があります。

妊産婦死亡についても補償されますか?また、脳性麻痺以外の障害は補償されますか?

本制度の対象は脳性麻痺になった児となります。妊産婦死亡や脳性麻痺以外の障害については、本制度の対象ではありません。

出産育児一時金「直接支払制度」について教えてください。

■対象者…平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に利用できる制度です。
■制度の内容…緊急の少子化対策の一環として、安心して出産できる環境を整備するため、今までの支給方法を見直し、被保険者等が病院との間に、出産育児一時金の申請・受取に係る代理契約を締結の上、出産育児一時金の額を限度として、医療機関が被保険者等に代わって出産育児一時金の申請・受取を直接保険者に行うことにより、被保険者の経済的な負担の軽減を図るものです。

▲トップページへ戻る

  • 外来診療予約はこちらから
  • よくあるご質問
  • 受診スケジュール
  • 院内ツアー
  • セミオープンについて

医療法人 愛育会 愛育病院 〒242-0006 神奈川県大和市南林間2-14-13 TEL:046-274-0077(代)

Copyright (c) 2007-2009 AIIKU HOSPITAL. All rights Reserved.