• ENGLISH
  • 簡体中文
  • 産科
  • 婦人科
  • 病院のご紹介
  • インフォメーション

産科

計画分娩

計画分娩の利点と注意点

計画分娩とは、人為的に分娩日を決めて分娩誘発を行うことです。

■利点

胎児の心拍パターンを分娩終了まで継続的にモニターすることによって、安全にお産をすることができます。また、人手の多い時間帯にお産していただくことで、異常や合併症に対して迅速に対応することができます。→病院の実績「分娩時間別統計」

■注意点

分娩前処置や陣痛促進剤を必要とする場合は、わずかにリスクがあります。したがって、「いかに自然に近いお産を行うか?」が重要であり、無理な分娩誘発は絶対に行ってはいけません。陣痛促進剤は、自然なお産でも脳から出てくる物質ですが、厳重な管理下で用いる必要があります。

分娩日の決め方

産科学的判断のもとに分娩日を決定します。

  1. 現在までの妊娠経過、過去の分娩の情報を検討します。
  2. 妊娠36週以降、毎週の内診所見と胎児の状態を総合的に判断して、お産の準備状態が整う時期を予測します。
  3. 本人やご家族の希望もあわせて、実際にお産する日を決定して予約します。

分娩前処置

入院は、原則として決定したお産の日の前日です。入院後、分娩監視装置で胎児の心拍パターンと子宮の収縮状態を確かめます。内診所見によっては、あらかじめ子宮口を広げる処置が必要になる場合があります。ミニメトロという小さな水風船を子宮口に入れるのですが、痛みはほとんどありません。

分娩当日

浣腸後、分娩監視装置を着けて陣痛促進剤の点滴をはじめます。次に胎児を包む膜を人工的に破る処置を行い、分娩誘発を開始します。無痛分娩の方には、硬膜外麻酔の処置をあわせて行います。陣痛促進剤については、母児に負担がかかり過ぎないように、ごく少量から開始して慎重に増量していきます。

▲トップページへ戻る


医療法人 愛育会 愛育病院 〒242-0006 神奈川県大和市南林間2-14-13 TEL:046-274-0077(代)

Copyright (c) 2007-2009 AIIKU HOSPITAL. All rights Reserved.